孤独のグルメに見るスピリチュアル

 

先週第6シーズンが終わってしまったああぁぁぁ~~~~残念! な

「孤独のグルメ」ですが、みなさまこのドラマをご存知でしょうか?

 

食べることが大好きな主人公の営業マン~ではなく今調べたら輸入雑貨商を営んでいる

井之頭五郎(独身、いい人)が毎回一人ランチを目いっぱい楽しむという、ただそれだけの話なのですが、

これが非常にスピリチュアル。

 

何がって、ランチに挑むときの井之頭さん

  

「ガイドとハイヤーとめっちゃ共同作業してるよ~」

 

 なのです。

 

身体意識に従い、直観を使い、エゴをいなしながら、忠実に自分の欲望に従い、物事をよい方に取り、

楽しむ「完璧なスピランチ♪」なのです。

 

 午前中の営業が終わると同時に腹が減り、そこから店探しが始まります。

 

  

 腹が減った」(以下、「」内は井之頭氏のつぶやき)

  

「店を探そう!」

 

「何を食う?」

 

「俺の腹は何を欲してるんだ ?」

 

「落ち着け、直感を研ぎ澄ますんだ」

 

「今俺の腹に入れるべきものなんなんだ? 考えるな、感じるんだ」

 

  

むちゃくちゃ身体意識と向き合ってます。

そして知らない土地を直感だけで店探し。

 

ここでは、ハイヤーやガイドが井之頭氏を案内しています。

井之頭氏が食べる大好き=ワクワクなので、協力しているのですね~😃💕

 

 

 店に入った後も店内をくまなく観察。自分がおいしいと思うメニューは何なのか? 

たとえ思ったようなメニューがなくても、郷に入れば郷に従え、あきらめず探します。

 

「焦るな、焦るな」

 

すると、壁に見慣れないメニューを発見。

 

ガイドが「壁見てみ」と言ったんですね。

 

面白そうなので注文してみます。井之頭氏は、もし思った味でなかったら? というエゴの声より

自分のワクワクに従う許可が出ています。エゴはさらっと流します。

 

そして料理が運ばれ、怒涛のランチタイムの始まりです!

 

井之頭氏いわく

 

「モノを食べるときはね、誰にも邪魔されず

自由で なんというか

救われてなきゃあダメなんだ

独りで静かで豊かで・・・・・・」

 

その言葉通りの孤独で豊かな時間の始まりです。

 珍しいメニューを頼んだりするもんだから、最初は食べ方をお店の人に訊いたり隣のテーブルを

まねたりもしますが、やがて井之頭氏オリジナルエンジンがかかります。

 

自分流に、食べたいものを食べたいように楽しんで食べる!

 

「うまい、うまい」

 

「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ」

 

 

自分だけの聖域、自分だけの孤高のランチ、まさに孤独のグルメです。

 

きっとガイドたちも一緒に食を楽しんでいるのでしょう。

テレビを見ているわたしも楽しい!

重松さんの食べる演技が(本当に美味いのでしょう~)上手で、もうヨダレものですわい!

 

 

そして満腹になって店を出た後、井之頭氏のつぶやき。

 

 「今日の俺は、スペシャルだった」(回によって違います)

 

 

ドラマのエンディング曲は

ただひたすら「井之頭五郎」をつぶやく歌詞です。

 

まるでガイドたちの賛美のよう♪

 

 

人としてのしあわせを今日も全うしたな! ゴロー! てね。

 

ハイヤーに従いガイドに案内してもらう、

スピリチュアルなドラマでした。

 

また続編やってくれるといいな~。

それまではツタヤに通うかな~♪

 

みなさんもよかったらスピ的視点で見てみてください。

 

「孤独のグルメ」公式サイト

 

0 コメント

花 郎~ファラン~

先週からハマっております、

 

韓国ドラマ「花郎(ファラン)」。

 

普段はあんまり見ないコーナーですが、なんとなく惹かれて

 

パッケージのあまりの初々しさに(風、笑顔、花びら)思わず借りてしまい、即ハマる。

 

中身も大当たりです!

 

ストーリーは

 

1500年前の新羅に実際にあった王宮の組織「花郎(ファラン)」を舞台に

 

主人公の若者たち(主に男女3人。もちろんお約束、三角関係♪)の人生が展開されてゆく

 

歴史ロマン&青春群像?ストーリー。

 

韓国ドラマのすごいところは、感情表現がとても丁寧に細やかに表現されるところ

 

だと思うのですが、この作品も、これでもか! とばかりに愛情や可憐さや憎悪や

 

ばかっぽさが赤裸々につづられています。

 

衣装もとってもキレイだし、色彩が派手なので若干ミトコウモンぽさはありますが、

まあご愛敬。

 

わたしは主人公のソヌがただ立っているだけできゅーんとしてしまう。

 

何かに似てると思ったら、、「ミーアキャット」とか「7歳の男の子」が、じーっと

 

一点を凝視している姿にそっくりで。(注:ソヌは成人男子です)

 

そ、ソヌが立ってる、、座ってる、ご飯食べてる、、 キューン。。はっ!

 

これってすでに母の気持ち??

 

どうぞ、見てみそ~。

 

韓国ドラマ『花郎』<ファラン>DVDオフィシャルサイト

 

0 コメント

陰陽師

天地同命、宇宙の理を生きる、平安時代の希代の陰陽師「安倍晴明」を描いた作品です。

 

一言でいうと(岡野玲子さま、すいません)

「宇宙とスピのことがぜんぶ描かれてるよー」

な本です。

 

↑の表紙の8巻では、日照りが続く都に雨を降らすため、

晴明と友人の源博雅は吉野の山に分け入ります。

苦難の末、目的の場所にたどり着いた二人は雨を降らせることに

成功しますが、

ときに龍に導かれときに目に見えないものの助けを借りながら

進む道中は、まさにシンクロニシティの連続。

そして、道中でのできごとは、あらゆる人々(晴明自身にも)に生命の浄化をもたらすのです。

 

日本は国土の3/4が山の国。雨量も世界でトップクラス。

夏、日照り、水のエネルギー=浄化。

勢いよく流れる水はすべての穢れをはらい、禊ぐ。

日本とは、古来からそういう国なのかもしれません。

 

折しも、最近「浄化、浄化」とやっていた自分が8巻に惹かれたのも

シンクロ なのでしょう。

 

この作品は、全編とおして「宇宙」が描かれていますので、

「宇宙って? シンクロとはなんぞや?」と思われる方には超! オススメです。

 

絵が、またすごく美しいのです。。。

現在描かれている「玉手箱」が、またよだれが(失敬)出るほど美しい!

 

ぜひ読んでみてくださいね~

 

0 コメント

「私を変えてください」トーシャの本

 

大好きなトーシャの2冊目の本です。

前作「とんでもなく全開になればすべてはうまくいく」をはじめて読んだとき、トーシャがとても他人とは

思えず、この人とお友達になりたい! と思ってしまった。

 

トーシャはあらゆる宗教を超えて神様的博愛主義者。

そして日常のあらゆる場面で神様に頼み、ゆだねています。(時々忘れることもある)

その実践的な祈りの方法もこの本には書いてあります。

 

以下、帯からの抜粋です。

『あのね、自己啓発の本は、改善版の新エゴを手に入れることについて書いてるものばかり。願いを叶えるってやつ。よくある『もっと欲しい』って訴える集会みたいな感じ。

だけど、限界のあるエゴとその果てしない願望を満たすことが何の頼りになる?

同士て、より大きな何かに引き受けてもらわないの?』

 

『ここで紹介する祈りの真髄は、ゆだねることだ。

髪を招き、それの望む変化が起こるよう頼むのだ』

 

〇〇になって欲しい! ではなく「天が望むならそうして」と、結果をお任せして

手を放すのがエゴとは真逆ですね。

なかなか勇気がいるけれど。

 

トーシャによると、世界はいつも神様が「助けてあげようと待ち構えている」らしい。

 

実際トーシャは「シャワーのお湯が限られた量しか出ない、このままでは凍える!」とか

「今すぐ披露宴用のドレスが要るのだけど・・」とか、はては「すぐ隣にドアが開かないくらいぎっちり車を止められて出られない」とか言う困りごとを神様にあずけ、解決している。(すごい!)

 

『神はただ、勘定に入れてほしいだけなのだ』

 

名言です。

 

0 コメント

人生でもっとも大切なこと

心があったかくなる本。

 

カテゴリ的にはビジネス書(?)になるのだろうけど、

「徳・しあわせ・豊かさ」って欄があったら

ぴったりじゃないかと思う。

 

著者の本田晃一氏いわく

「お金持ちになるノウハウを知りたかったのに、

和平さんは幸せになる生き方を教えてくれた」と

あるように、この本に出てくる竹田和平さんは

自称「花坂爺」。

人に与えることで自分も相手も幸せになる達人。

 

そして、読んでいくうちに「結局豊かさの真はそこなのか?」 とわかってしまう本。

 

本田氏の語り口が子供みたいにすなおで笑っちゃうので、真夜中に読んで

怪しまれないように(^^♪

 

0 コメント

龗(たかおがみ)~神さまは主張する~

ぞっとするほど色気のある美しい若者♥ 

 

こちらは「高龗(たかおがみ)」(彫刻家・山崎朝雲作)という神さまです。

 

二対の雨神「龗(おかみ)」の一人、山担当「高龗(たかおがみ)」。(ちなみにもうお一人は谷担当「闇龗(くらおかみ)」)

 

以前「なんでも鑑定団」に彫刻家・山崎朝雲氏の

作品を出した方がいて、手がけた作品が高速で紹介される中わたしは唯一この人しか目に入らなんだ・・。

 

今まさに木から生まれんばかりの精霊の美しさ。

人にはない、純粋で高潔な輝き!

一瞬で目を奪われる(権力者なら絶対欲しがるだろうタイプ)この美しい若者、じつは「女神」さまとして創られたそうな。

・・見えない、よねー。

 

作者が、くらおかみが女神だったのでセットのたかおがみも女神だと思ったのでは? と

いうことらしいのですが、それでなんでこんな凛々しい男性になっちゃった?! と

思いますよね?

 

たぶん「高龗ご本人が主張した」 のだと思います。

 

作者の意図(女神つくろー)とは別に、「自分はこういう姿なんだよね、だからそういう風に創って欲しいなー♥」と主張した結果、たぐいまれなる美貌と魅力を兼ね備えた凛々しい男性神の姿になるという、まさに神業! 

 

もちろん、ここまで素晴らしい作品ができるのは山崎朝雲氏という偉大な(!)

彫刻作家だからなのですが、「この人ならこんな風に創ってくれるよね♥」という

神さまご本人の意図もあるのです。

ほんと、芸術は神の御業、ですね。

 

「高龗」についての詳しくはこちら 文化遺産オンライン

 

0 コメント

新しい時代へ~天が門を開く~

「臨床宗教師」の記事を読みました。

こちら

 

余命宣告された患者さんにスピリチュアルの視点から寄り添うという、まったく新しいお仕事だそうです。

 

死ぬことの恐怖とは「死んだらすべては終わり、自分もいなくなってしまう」という暗闇の気持ちですが、そこに寄り添い「死んだ後も次の世界(極楽)があるから大丈夫」と気持ちが変化することによって死に対する恐怖を取り除き、安らかな死を迎えるお手伝いをする。

 

 

画期的だと思いました。宇宙はあっという間にここまで門を開いたのかと驚きました。

 しかも特集としてとりあげたのがNHKというところ、さすがだわ! と思う。

(わたしはNHKびいきです 笑)

 

以下抜粋です

 

入院から9日後。
体調が悪化する中、松岡さんは自分が見た夢のことを話し始めました。

松岡君子さん
「たぶん阿弥陀(あみだ)さま。
私が見たの阿弥陀さま。」

娘 歩さん
「前に夢に出てきたお釈迦(しゃか)さま?」

松岡君子さん
「お釈迦さま。
みんなが後ろに立ってるから、きっとみんな私を。」

臨床宗教師 野々目月泉さん
「いっぱい立ってました?」

松岡君子さん
「一体となってね。
パワーが光っていたと思う。」

“お釈迦さま”や“光”という言葉を、野々目さんは死を迎える準備が始まったサインと受け止めました。
患者が死後のイメージを持つことは、穏やかな死につながる重要なプロセスであることが学術的な調査でも明らかになっています。

死に直面して、恐怖や不安を抱く人の場合、死の先は暗闇、死ですべてが終わると考えていることが多いといいます。

一方、天国、極楽に行ける、光が見える、故人と再会できるなど、なんらかのイメージがある場合は、死によって命は終わらないのだと考えることで穏やかに最期を迎えられるというのです。

 

宗教関係なく、というのもすごいと思います。

天の意思を、その垣根を、ついに超えたか人間! という気がします。

(実際、天に宗教というものはなく、洋の東西を問わず同じ場所に現れたりします)

 

そして、私の仕事も似ているのかもしれないなあと思いました。

わたしは人さまに寄り添うなんてとてもできないけれど、今やっている仏画やセッションは

「あの世、見えない世界というものが確かにあるんだよ~」と伝えることだと思うから。

それがセッションかろうが仏画を通じてかろうが、お話会かろうが手段はどれでもよくて。

いろんな人や手段を使って、天は新しい時代の門を開いている、と実感いたしました。

 

わたしは天然で↑のような考えなのですが、この「自分にとっての当たり前」が誰かの役に立つと

いいなと思います。

 

2013年に「自分の使命を軽んじてはならない、もっと重要なものとして捉えなさい」と

いうメッセージをいただいているのだけれど、こういうことかもしれないと実感しました。

 

0 コメント

良いかげんごはん

「良いかげんごはん」「ひとりぐらしも何年目?」など、

一人暮らしをテーマにしたコミックエッセイ。

著者のたかぎなおこさんはリア充上手♪ で、何気ない日常を

しあわせ目線で見ています。

何がすごいって、コノヒト、お金が無くても家族と離れてても

いつでもしあわせになれちゃう、まさにリア充の達人!

見かけによらず?チャレンジャーで、マラソン本やひとり旅、

おまつりの本などジャンルもたくさんなので読むのが楽しいです。

わたしはごはんものがスキなので、こちらのほかにも「愛しのローカル

ごはん旅」も好き~♪

おすすめです。

0 コメント