花をまく

 

心の中で

 

知ってる人ひとりひとりに

 

花を渡すところをイメージする

 

ただ黙って花を差し出すイメージ

 

周りにいる人からでいいので

 

とにかく思いつく人に渡してみる

 

 

この世にいない人だっていいし

 

動物だっていい

 

お話し世界の人でもいいし

 

会ったことのない人でもいい

 

 

ある人は笑顔になり

 

ある人はとまどい

 

驚いたり

 

不思議な顔をしたり

 

いろいろだけど

 

たいていの人は受け取ってくれる

 

花が嫌いな人はあんまりいないから

 

 

世界に感謝なんかできないときは

 

こういう手もあると思う

 

 

最後に(最初でもいい)

 

自分に渡すのも忘れないでね

 

 

0 コメント

昔の記事が出てきた

少し前の記事が出てきたのでアップします。

 

うちの母は70代後半で耳が遠く、最近は目も見えにくくなってきました。

そこに元来のくどさも加わり私と話すときも何度も同じことを聞いたり話したりの繰り返し。

 

母は「一生懸命話している!」←(それはそうだけど・・)といい、

わたしは「同じことばかりの繰り返しでちっとも話が見えてこない~イライラ」となるわけです 汗

当然ケンカにもなります。

 

で、ある日も口論になり、面倒くさくなったわたしは、「本当に伝えたい内容」を

紙に書き、母の机の上に置いてみました。

どうなるかなとそっと見ていたところ、数分後それを読んだ母は「あ、そう」という感じで、

いともあっさり伝えた通りにしてくれたのです。

 

驚き!

でも、とにかく意思が通じた♥♥ ばんざい!!

 

そして別の日、今度はわたしの部屋の前にメモを張り付けた封筒が置いてありました。

メモには母の字で

「落ちていました」

とあり、中にはわたしが落とした診察券が入っていました。母が拾ってくれたのです。

わたしも「あ、そう」と思って受け取り、後で「ありがとね」と言いました。

 

何がいいたいかと言うと、このやりとりが非常にスムーズで楽だったのです。

わたしも、おそらく母も。

 

二人とも、本当に伝えたいことが相手に伝わり、相手も納得してやってくれ

ればよかったので、それがストレスフリーでできて万々歳。

 

じつは、同じ家にいて紙で伝え合うなんてちょっとさみしい。。と思っていたのですが、

考えてみれば お互いが楽 ならこのほうがいいのですよねー。(特に時間が無い時なんか)

 

私も母も「紙に書く」ことが苦ではなく、かつ、ものを書くときには冷静になれる性分なので

こういうやり方は苦になりません。

ふだんは口頭で通じることもあるしね。

(ただ、これが目の前での筆談となるとまた違うのですが→冷静になれない 汗) 

 

もしずっと同じことをやってきてお互いが苦しかったら、どちらかが先に自分が楽になれる

方法をやってみるのもありかもなーと思いました。

 

悪いと思ってるのは自分だけ(メモを置いとくなんてやらしくない? とか)で、

相手は意外と何とも思ってないかもしれない。。

 

もし自分だけが楽で相手がストレスを感じるなら、きっとそれはどこかにズレが生じてる

と思うけれど、(目の前での筆談は母は喜ぶがわたしがストレス)それならそれで、

また別の方法を探せばいいんだよね。

 

日常雑記でした。ぺこりんぐ

 

0 コメント

777

 

今日は、サイトを開いたらカウンターが 777 でした。

 

わーい(*´▽`*) と思い、調べてみたところ、

 

エンジェルナンバー「777」には、天使たちの賞賛が込められています

 

これまでの努力や行動に対して、天使たちは「おめでとう」と言っているのです

 

これまで神聖なる導きに従って、よくがんばってきました

 

今、その報酬を受け取るときです

 

そして、これからも正しい道を進み続けてください

 

あなたの成功は、自身のみならず他者にインスピレーションをもたらし、サポートをしています

 

この状態を保ち続けることで、さらなる奇跡を期待することができます

 

天使たちは賞賛とともに、これからもずっとあなたを見守り、サポートし続けることでしょう

 

まあ、うれしい !(^^)!

 

 

エンジェルナンバー「777」を見た時は「777」を見た時は、ラーキーなできごとで

 

ハッピーエンドになるということではありません

 

今、信念を持って歩んでいる道を進み続けてくださいというメッセージなので

 

これからさらに飛躍するためのポイント地点であると考えてください

 

 つまり、続けてがんばれと。。。いうことなのですねっ?!

 

がんばります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

衝動の外を探せ

 

思考で捉えられることの外に

 

天からのインスピレーションはある

 

どこからともなく沸いてくる

 

ジリジリした気持ち

 

内側から溢れだす、とめどない

 

泉のような感覚

 

それだけが

 

あなたを動かす

 

 

衝動の外を探せ

 

 

 

そこに

 

あなたの欲しいものがある

 

 

0 コメント

私のこと2

私がガイドのイラストを描くときただ


見えたようにそのまま


描いています


私はこう見えるんだよね


私にはこんな風に届くんだよね



それを言葉にしたり 

漫画っぽいイラストにしたりしてお伝えしています


一つだけ気を付けているのは 

相手の方に正確に伝えること


(だから絵にしています)




正解かどうか


ではなく


わたしが見えたことを


ありのままに


伝えること



これが私のできる唯一のことだと思っているので、そのようにしています


私のガイドセッションとはそういうものです

降りてくる言葉

今何が起こっているか

分かつていれば

大抵のことは解決すると

思うんだよね





1 コメント

天は高い視点

天は人より高い視点を持っています。

それゆえ、人の願いを欲望のままには聞いてくれません。

例えば○○が欲しい、そのやり方は○○であったら良いのに、と

思うのが人の常ですが、天から

見て、それではその人個人のためにしかならない、

誰かの役に立たなければ意味は

ないという場合、本人の意思とは別のやり方を示してきます。


一体これをやることが何の役に立つの? と思うようなことも、

その時そのタイミングでそれを

やらせる(言っちゃった)のが天的にベストであり、後々は自分や

他人になにかしら利益(お金儲けじゃなくても)をもたらすことになります。


ただ、渦中の人にとつては??

なわけで。

それゆえ様々葛藤渦巻くのですが、そういうときは自分の直感を信じて、なんかわからないけど

これが天にとつてはベストな

タイミングなのだなと思えばいいようです。






0 コメント

あの日

 

あの日、小林麻央さんが亡くなった6/23から

 

日本中で何かが変わった気がする

 

麻央さんは、日本を新しい国に変えたのかもしれない

 

麻央さんの大きな愛が、変えたもの

 

それは、これからどんどん日本中に広がり

 

やがてみんなにつながってゆくる気がする

 

ご冥福をお祈りします

 

 

 

 

0 コメント

ガイドは先に行く

 

以前、「ガイドは先に来る」で、ガイドはひとあし(も二足も)先にセッションに来ている

 

と書きましたが、先日のイベント前夜ではその逆の現象が起こりました。

 

ガイドは整える」でも書きましたが、初めて行く場所を整えてくれたんですね。

 

 わかりやすいので日記を転載します。

 

自分用日記なので言葉が多少ザツです、お許しあれ

 

 

イベント会場に、ガイドが先に行くらしい。。。

 

「明日だってよ」「何々、いよいよ? マジで?」

 

「やるってよ」「やっとかー」「どれ、行かにゃー」

 

わらわら どやどや さくさく

 

え? もう行ってるの? あの、まだ会場準備できてないと思うけど、、ていうか、

 

こっちの準備がまだなんですけど。。

 

ガイド「そんなの自分でできるでしょ」

 

ガイド「もう用意できてるじゃん、あとは少しやるだけじゃん」

 

えええ~? で、でもパソコンのインクが無くて。。。

 

ガイド「え? ほらよ、インク」

 

って、

 

 出るよ、インク~? うっそお~!

 

こないだカラッカラでぴくりともしなかったじゃん。。。

(通販も間に合わなかったから手描きポップにしようと思ってたんだよ)

 

  

いや、アンタたち気が早いんだよ、どんな大勢で。

 

会場下見? いや、エネルギーの準備ですね? てか、

 

  

お席あっためときます的な?

 

どんなお客さんがくるか今からセッティング

 

するって。。。

 

えええ~?

 

お迎えの準備だって。ええ~?

 

てか、楽しくて、やっと先に進める的な??

 

ええええ~?

 

 

 

ま、待ってえぇ~~!!!

 

。。。と、空しく空をつかむ手。。。

 

がっくり。。。

 

  

エネルギー合わせといてくれるんだって。やりやすいように。

 

あとねー、お客さんのエネルギーに宣伝しといてくれるって。

 

あと、カイジョウノガイドの人たちにご挨拶してくれるって。うふ、ありがとう(・ω・)』

 

 

こんな感じで、ガイドは先回りして色々やってくれます。

「初めて行く場所で心配」「初めての挑戦で不安」そんな場合も、先に行って

場のエネルギーを整えたり、ガイド同士で交流して話をつけてくれる、ということがあるのです。

 

「そっち行くなよ~」な場合はあんまり協力してくれないかもですが (私の場合です 汗)

 

で、実際、行ってみて本当に初めての場所とは思えないくらい居心地が良かったです。

面白い人にもいっぱい会えたし、何より楽しかったです!

 

0 コメント

わたしのこと

時々わたしのことを質問されるので

書きます。

 

そもそもなんで仏画を? というと

2006年に当時仕事の相談をしていた

とある宗教の代表の方が

(その方は降りてくるものを感じる人でした)たまたまわたしが初めて描いた仏画を見て(詳細は省きます←省くんかい!)

『仏画を描けって上(天)が言ってるわよ』と言われたのが始まりです。

そのときは「仏画? なんですかソレ」だったのですが、「これだよー」と仏画の画集を見せられた瞬間、すごい衝撃を受けまして(よく言いますよね、後頭部をハンマーでなんちゃらって)それをきかっけに描き始めたのでした。

そして、そこからいわゆる「スピリチュアル」な経験が進み(7~8年前までは「ガイド」という言葉も知らなかった)、オラクルカードを創ったりイベントに出たりを経て

2016年の秋からガイドセッションを始めるに至ったのでした。

 

これからちょっとずつ、自分のことや自分のやってることについて書いていきますね。

わたしは自己開示が下手なのですが、なんや「書いたほうがいいぞ」的な感じがあるので。

読んでもらえたら嬉しいです。

 

なんか、写真のネコの気分で書いちゃったニャー。

 

皆さんもごろんと、気楽な気分で読んでくれニャー。

 

 

0 コメント

スピでも何でもなく私の気持ち~天が大事にするもの~

 

○○をやったらえらい、▼ができないからダメダメ。

ここ最近、ずっとそんなことを考えてぐずぐずしてました。

スピ系のこともやらなくちゃいけないのに、ぐずぐず。

 

で、今日。

そんな自分責めの気持ちの底に潜む本当の気持ちに

気づきました。

それは・・

 

もうがまんしたくないんだ、今までのこと続けるくらいならだらだらぐずぐずしていたいんだ!

ぐずぐずする気持ちだって尊いわたしのものだ――――!

あらゆるアイデンティティを取り払った底の底の底に在る

人間としてのわたしの気持ち!

 

抵抗、自分責め、欲求、許されない(と思っていた)態度、選択、感情・・

そのすべてが人としてのわたしだったとわかり、愕然・・。

何やってるから偉いとか認められるとか・・・

 

関係なかった!!!!デス!

 

この世に生まれた以上、何があっても人として生きる。

そして天は、神様は、なにをおいても

 

人として一個人のわたしの気持ちを一番に大事にする

 

ことをゆるしてくれているのだとわかりました!

 

たとえ今苦しんでいたとしても

それすら尊重してくれている。

なぜなら、わたしの気持ちがいちばん大事だから。

 

そしてそれがわかった以上、自分の気持ちを大事にしないわけにはいかなくなる。

人生って、そういうものなんですね。 涙

 

天、神様、ありがとう。

わたし、ありがとう。

世界、ありがとう。

 

 

何をコイツは突然わけのわからないことを~と思われたかもしれませんが (^-^;

でも、確信があったのでかまわず書くと、

見返り無しに、それこそ捨て身で自分を大事にすると、

「それが正解です」

と言わんばかりの思ってもいなかったことが起きるんです。

それも気のせいかな? って感じじゃなく、明らかに「天が動いた!」てわかる感じの。

 

で、自分を大事にするって自分の気持ちを損得無しで優先すること=「私に応える」こと

らしい。(半年前も同じこと書いたな・・ 汗)

 

もっともっとやってこう。

 

 

0 コメント