宇宙は軽く、より軽く

 

 

先月くらいか、ガイドに何で今回、

地球に降りてくるの自分のタ-ン?ときいたら

 

「じゃんけん✊✌

 

だそうで。

 

 

 

 

 

軽っ

 

 

 

地球に降りてくるのがじゃんけんかよ

 

 

 

でも、そんなものなのね~ 

 

 

 

いつだったか、よく伺うタロット占い師さんも

そんなことをおっしゃっていて

 

その時わたしはすごく真剣に

今後の人生を相談していたので

 

彼女の口調の軽さに??と

 

思ったのだけど、今ならわかる。

 

 

 

何百回も生まれ変わつている

 

一回がうまくいこうがいくまいが、魂的には

 

どうつてことないらしい。

 

 

 

「しよがねじやん、また今度」

って。 

 

 

 

そんなものなのですねー

 

 

 

 

 

それにつけても、

 

最近、天はさらに軽くなつてると感じる

 

 

 

本の注文がなぜかギリで間に合ったり、、。(なんかすごく人気の本らしい、ラッキー)

 

 

 

で、読んでみて内容が思ったものと違うなぁ (ブーブー)と呟いたら

 

 

 

「だって本が欲しかったんでしょ?」

 

 

 

あああ、そういうこと。

 

確かに、中身のことは頼んでない(まあ頼めないが💧)

 

 

 

お金のことも、よろしく~と言ったらバイトを増やしてくれた。

 

あ、あ、そゆこと。

 

 

 

仏画の仕事くれ、と頼んだら

 

依頼のお問い合わせ。

 

すごく丁寧に返したら、お客様も緊張されてしまつた。

 

ごめん🙏

 

 

 

そこで気づいたのは

 

 

 

そうか

 

叶うのがダイレクトライト&速いということは、頼みかたや内容は自分の責任ということなんだね。

 

 

 

 

 

ちゃんと本当にかなって欲しいこと、内容を丁寧に頼もう。

 

流れのなかでエゴが顔を出しやすくもあるけれど、混同しないように

 

 

 

そして、とにかく軽く、軽く。

 

 

 

宇宙()は最初からそんなに軽かったのか~てくらいの軽さみたいだし

 

 

 

重いのはやめたほうがいいんだな。

 

 

 

 エゴがあるってことはその逆が騒いでいるわけで。

騒ぐエネルギーに逆らうからよくないわけで。

 

例えば

疲れたら休む

 

そんな単純であっけないことで、ものごとは変わってゆく、

そういう軽さに、地球は生まれ変わったのかもしれない。

 

 

0 コメント

すっかり秋。。今日はちょっと黒いです

 

ふだん服など買わぬのですが、さすがにワードローブが

寂しくなった、ということで秋服を買ってきました。

 

珍しく、チェック柄。

ついでにおむつケーキ用の造花も購入。

良い造花はありそうでなかなかない(!)ので、見つけたらなるべく買ってしまうようにしています。

これもなんとも秋らしい~ほのぼの。。

 

なーんて思ってたら、レジの人に無視され(なにやら二人がかりで

前の人のレジをやっていましたよ、、時間がかかりそうだから

お客さんは「やっといてねー」とその場を去った)わたしはぽつんと

かなしく佇んで待つ。

そして、静かに怒りモードがメラメラし始めたころ、3人目のレジの方があわてて

「こちらでどうぞ!」と。

 

思うに。

 

あの2人は、、機械だったのかもシレナイネ。

だからすぐ目の前の私に気づかなかったのカナ?

「少々お待ちくださいませ」の一言もダウンロードされていないタイプのネ。

ああ、でも昨今の機械は人間よりよほど優秀なはずなので、あの人たちは

機械でも人間でもない、ただのレジマシーンだったのでしょう。

 

と、真っ黒なわたしが展開されたところで、ほかの売り場のおばちゃんにちょっとだけ愚痴って

しまいにする。

 

一応スピ的に考えてみる。

 

投影。

 

「あなた、最近自分のことをあんなふうにあしらっているのではありませんか?」

 

そうそう、自分に冷たくしてると他人からも冷たくされちゃうよ~。

またはあなたが、他人に冷たくしてなぁい~?

 

ふーむと反省したところで、買ってきた服とお花が意外とピッタンコ! なことに気づく。

このお花でコサージを作ったらどうかなあ?

 

そしたらお気に入りの観音ポストカードの色目がこれまたぴったりで。。。

 

「そうそう。怒るより、物を創ったり楽しいほうが似合ってるよ」

 

と言われてるみたいで、そうかなあ~、、そうかもね~、、 笑

 

いたるところに秋。

 

いたるところにスピ。

 

選ぶのは、わたしなんだなあ~。

 

何を選ぶのも、自由なんだなあ~。

 

しみじみする秋の一日でした。

 

 

0 コメント

魂の視点

 

魂の視点で見たら

 

 

 

納得できることがある

 

 

 

「今回は前とは違うアプローチをしてみたけど、やっぱりうまくいかなかった」

 

とか

 

 

 

「これでいいと思って設定してきたけど、ちょっと甘かった。やっぱりわたしの目的を

 果たすにはこの条件では達成しにくいな」

 

 

 

 

または、

 

 

 

「原初(いちばん最初の地球での生)からしたらすごいシンポだ、

 

 ここまできたなんて信じられないよ! 」

 

とか。

 

 

 

 

そうやって、いろんな反省や改善をふまえ、また次回(来世)挑むのだと思う

 

 

 

  

 

だから、現世だけ見て悩みすぎるのはあまりよくないと思う

 

 

広い視野で見たら 

 

思考では測れない、魂の事情があるのかもしれないから

 

 

 

 

ついでに言えば、これは身体意識上にも活用できる

(ふつうはそうしてる)

 

どーにもこーにも納得できないときは、魂にも事情があると考えると

 

深いところで納得できる

 

 

 

 

 

0 コメント

花をまく

 

心の中で

 

知ってる人ひとりひとりに

 

花を渡すところをイメージする

 

ただ黙って花を差し出すイメージ

 

周りにいる人からでいいので

 

とにかく思いつく人に渡してみる

 

 

この世にいない人だっていいし

 

動物だっていい

 

お話し世界の人でもいいし

 

会ったことのない人でもいい

 

 

ある人は笑顔になり

 

ある人はとまどい

 

驚いたり

 

不思議な顔をしたり

 

いろいろだけど

 

たいていの人は受け取ってくれる

 

花が嫌いな人はあんまりいないから

 

 

世界に感謝なんかできないときは

 

こういう手もあると思う

 

 

最後に(最初でもいい)

 

自分に渡すのも忘れないでね

 

 

0 コメント

昔の記事が出てきた

少し前の記事が出てきたのでアップします。

 

うちの母は70代後半で耳が遠く、最近は目も見えにくくなってきました。

そこに元来のくどさも加わり私と話すときも何度も同じことを聞いたり話したりの繰り返し。

 

母は「一生懸命話している!」←(それはそうだけど・・)といい、

わたしは「同じことばかりの繰り返しでちっとも話が見えてこない~イライラ」となるわけです 汗

当然ケンカにもなります。

 

で、ある日も口論になり、面倒くさくなったわたしは、「本当に伝えたい内容」を

紙に書き、母の机の上に置いてみました。

どうなるかなとそっと見ていたところ、数分後それを読んだ母は「あ、そう」という感じで、

いともあっさり伝えた通りにしてくれたのです。

 

驚き!

でも、とにかく意思が通じた♥♥ ばんざい!!

 

そして別の日、今度はわたしの部屋の前にメモを張り付けた封筒が置いてありました。

メモには母の字で

「落ちていました」

とあり、中にはわたしが落とした診察券が入っていました。母が拾ってくれたのです。

わたしも「あ、そう」と思って受け取り、後で「ありがとね」と言いました。

 

何がいいたいかと言うと、このやりとりが非常にスムーズで楽だったのです。

わたしも、おそらく母も。

 

二人とも、本当に伝えたいことが相手に伝わり、相手も納得してやってくれ

ればよかったので、それがストレスフリーでできて万々歳。

 

じつは、同じ家にいて紙で伝え合うなんてちょっとさみしい。。と思っていたのですが、

考えてみれば お互いが楽 ならこのほうがいいのですよねー。(特に時間が無い時なんか)

 

私も母も「紙に書く」ことが苦ではなく、かつ、ものを書くときには冷静になれる性分なので

こういうやり方は苦になりません。

ふだんは口頭で通じることもあるしね。

(ただ、これが目の前での筆談となるとまた違うのですが→冷静になれない 汗) 

 

もしずっと同じことをやってきてお互いが苦しかったら、どちらかが先に自分が楽になれる

方法をやってみるのもありかもなーと思いました。

 

悪いと思ってるのは自分だけ(メモを置いとくなんてやらしくない? とか)で、

相手は意外と何とも思ってないかもしれない。。

 

もし自分だけが楽で相手がストレスを感じるなら、きっとそれはどこかにズレが生じてる

と思うけれど、(目の前での筆談は母は喜ぶがわたしがストレス)それならそれで、

また別の方法を探せばいいんだよね。

 

日常雑記でした。ぺこりんぐ

 

0 コメント

777

 

今日は、サイトを開いたらカウンターが 777 でした。

 

わーい(*´▽`*) と思い、調べてみたところ、

 

エンジェルナンバー「777」には、天使たちの賞賛が込められています

 

これまでの努力や行動に対して、天使たちは「おめでとう」と言っているのです

 

これまで神聖なる導きに従って、よくがんばってきました

 

今、その報酬を受け取るときです

 

そして、これからも正しい道を進み続けてください

 

あなたの成功は、自身のみならず他者にインスピレーションをもたらし、サポートをしています

 

この状態を保ち続けることで、さらなる奇跡を期待することができます

 

天使たちは賞賛とともに、これからもずっとあなたを見守り、サポートし続けることでしょう

 

まあ、うれしい !(^^)!

 

 

エンジェルナンバー「777」を見た時は「777」を見た時は、ラーキーなできごとで

 

ハッピーエンドになるということではありません

 

今、信念を持って歩んでいる道を進み続けてくださいというメッセージなので

 

これからさらに飛躍するためのポイント地点であると考えてください

 

 つまり、続けてがんばれと。。。いうことなのですねっ?!

 

がんばります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

衝動の外を探せ

 

思考で捉えられることの外に

 

天からのインスピレーションはある

 

どこからともなく沸いてくる

 

ジリジリした気持ち

 

内側から溢れだす、とめどない

 

泉のような感覚

 

それだけが

 

あなたを動かす

 

 

衝動の外を探せ

 

 

 

そこに

 

あなたの欲しいものがある

 

 

0 コメント

私のこと2

私がガイドのイラストを描くときただ


見えたようにそのまま


描いています


私はこう見えるんだよね


私にはこんな風に届くんだよね



それを言葉にしたり 

漫画っぽいイラストにしたりしてお伝えしています


一つだけ気を付けているのは 

相手の方に正確に伝えること


(だから絵にしています)




正解かどうか


ではなく


わたしが見えたことを


ありのままに


伝えること



これが私のできる唯一のことだと思っているので、そのようにしています


私のガイドセッションとはそういうものです

0 コメント

降りてくる言葉

今何が起こっているか

分かつていれば

大抵のことは解決すると

思うんだよね





1 コメント

天は高い視点

天は人より高い視点を持っています。

それゆえ、人の願いを欲望のままには聞いてくれません。

例えば○○が欲しい、そのやり方は○○であったら良いのに、と

思うのが人の常ですが、天から

見て、それではその人個人のためにしかならない、

誰かの役に立たなければ意味は

ないという場合、本人の意思とは別のやり方を示してきます。


一体これをやることが何の役に立つの? と思うようなことも、

その時そのタイミングでそれを

やらせる(言っちゃった)のが天的にベストであり、後々は自分や

他人になにかしら利益(お金儲けじゃなくても)をもたらすことになります。


ただ、渦中の人にとつては??

なわけで。

それゆえ様々葛藤渦巻くのですが、そういうときは自分の直感を信じて、なんかわからないけど

これが天にとつてはベストな

タイミングなのだなと思えばいいようです。






0 コメント

あの日

 

あの日、小林麻央さんが亡くなった6/23から

 

日本中で何かが変わった気がする

 

麻央さんは、日本を新しい国に変えたのかもしれない

 

麻央さんの大きな愛が、変えたもの

 

それは、これからどんどん日本中に広がり

 

やがてみんなにつながってゆくる気がする

 

ご冥福をお祈りします

 

 

 

 

0 コメント