ガイドからの返事

「榊原さんは自分のガイドと話をしないの?」

と訊かれることがあります。

見えて、言っていることもわかるのだから自分のガイドにはいろんなことをさっくり

教えてもらえるのでは? と。

そうできたらラクなのですが、わたしもおおざっぱにしか教えてもらえません 汗

(中には、ご自分のガイドからこと細かく指示をされ、なんならやるまで見張られるという方もいるようですが、それはそれで大変そうです)

 

ガイドがおおざっぱにしか言わないのは自分で考えてほしいからです。

人生はあくまで人間のものなので、答えをすべて教えてしまうと自分で考えたり決断したり

経験したりするのをジャマすることになるからです。

 

じゃあどうやって返すかと言うと、本やテレビ、メルマガや電車の広告文字や

他人の口などを使って教えてくれます。

 

他人の口というのは、図書館で隣席の人がしゃべっていたセリフや知人との会話、

ときにはウマが合わない人の一言だったりもします。

 

仕事先の人が突然「やりたくないことはやらなくていい♪」とスピ的?なことを

言い出したり、「この人の口からなぜそれが?」と不思議に思うようなことです。

そしてそれを受け取ったときに妙に納得し、嫌な気持ちがしないのが特徴です。

 

面白いところではガイドが行く手を阻むというのもあります。

ガイドから見て人生の道から外れたり遠回りだったりするのを「それは必要ないですよ」「それやると遠回りですよ」という方向は止めようとします。

目的地の通り道でいきなり工事が始まり、目の前にでかでかと「通行止め」の看板が

置かれたり、ある申し込みをしたら先方の理由でいきなり26分前に締め切られたり・・

するのもガイド(宇宙や天の場合も)のジャマし・・もといお導きなのです。

 

それでもやろうとすると激しいブーイングがあったり(映画とかでよくあるやつ)、

逆に道に沿ったことをやると拍手がきたりもします。

 

 

こんなふうに、ガイドは日常でいろんな形で答えを返してくれているので、心を落ち着けて受け取ってみることをおすすめします。

 

 

0 コメント

ガイドは合っている人に頼む

ガイドにもいろいろいますが、そのときの自分の状態に合っている人に頼むのを

おすすめします。

どういうことかというと、例えば体調が悪い時や精神が不安定の時、強い存在のほうが

何かと守ってくれるしいいんじゃない? と思いがちですが、存在の性格や使命から

受ける影響を考えると、そのときの自分に合っていて無理なくラクになれる

存在のほうがいいのです。

 

例えば大天使ミカエルは浄化が得意ですが、とても強い存在で気質も厳しめ。

ご本人が体調不良などで弱っていたり、道の過渡期で心が揺れていたりするときには

影響が強すぎることがあります。(人によりますが)

 

そんなときには、大天使ラファエルに体調面のサポートと浄化をお願いし、

大天使ガブリエルに過渡期の道案内をお願いするなど、そのときの状況に合った

存在にそれぞれ頼むのがいいと思います。

するとすぐにエネルギーが軽くなるのを感じられると思います。

 

ちなみにラファエルはめっちゃ軽くて優しいヒーリングのエネルギー(「いい人」って

感じ)、ガブリエルは光の焦点を合わすような感覚のエネルギーで、こちらも優しい

感じです。

 

無理して強い存在にきてもらうのではなく、TPOに応じた存在に頼めば

いいのです。

 

 

0 コメント

エネルギーの見え方

エネルギーてってどんな風に見えるの? と訊かれることがあります。

セッションでは最初にお客さまのエネルギーを見せていただくのですが、

色も形も人それぞれ、全く違います。

カラフルなマル(文字どおり〇です)が身体の周りに花のようにくっついていたり、ネジのような

クルクルが飛び出していたり、モノトーンだけが背景一面に広がっていたり。

びかーっと激しく光を出している方もいれば、強くて柔らかい守りに包まれている方も。

そして、お話をしている間にもエネルギーはどんどん変化する(感情が変わるだけでもさくっと

変化します)ので、見ていてとても興味深い! です。

ガイドさんよりも、むしろそちらのほうが面白いくらい。(おい) 笑

そして、天界の話になると、すかさず天から光が差してきて、天が自己主張(そうそう! それそれ

(^◇^)って)してきたりもします。

わたしは、自分にはこう見えるということをお伝えしているだけですが、確かに人はエネルギーだなあと

実感します。

そしてそれは完全なる個性。指紋と同じで、一人として同じ人はいないのだと思います。

 

ちなみに、普段からずっと見えてるの? と言われますが、答えはNO! です。

四六時中やってたら疲れますので、普段はシャットアウトです。

 

0 コメント

40分しゃべれなくていいです

「セッション興味あるのだけど、話がもたない・・」

というお声をちらほらいただきました。

主に男性の声として。(女性にもいらっしゃるかも)

 

2月からのメニューが40分なのは、自分が予習

できるようになったのと(予習についてはセッションの流れをごらんください)、時間が短くなったら

そういうお客さまも来やすいかなと思ったからです。

 

 

それでも長いと感じる方もいるかもしれませんが、ぶっちゃけ40分しゃべれなくてもいいです。 

 

目的はあくまで、ガイドさんの言ってることが伝わることなので、ご自分の質問や気持ちを

伝えていただけたらそれで充分です。

 

わたしはしゃべるのが苦手(コミュ能力云々ではなく、元来人見知りなのです)だから、

絵を描いて説明しています。

 

セッションの時は、セッションの場を天に預けているので、なんとかなるだろうと思っています。

30分でセッションが終わったら、それはそれでいいと思います。

(かといって割引とかにはできないのですが、そこはすいません・・(^-^;)

 

気の利いたおもてなしはできませんが、いろいろお伝えできると思います。

そんな感じで、興味ある方は来ていただけたらと思います。

 

 

0 コメント

ガイドもいろいろ~宇宙系、極楽系etc.

ガイドにも種類があって、わたしはそれらを勝手に

「~系」と名付けています。

例えば「極楽系」。

読んで字のごとく、極楽浄土や澄み切った青空を

バックに、お釈迦さまや天女がどーんと現れます。

極楽ってまだ行ったことないけど、マイナスイオン

満載のいいところだなーと思います。 笑

 

「神社系」は、ガイドがコノハナサクヤヒメなどの

日本神話の人で、お客さまの前世が巫女さんだったり

します。

「キリスト系」は、キリスト教の聖人や天使、女神、聖母マリアなどが出てきます。

「宇宙系」は、エジプトの神様や宇宙系天使がいて、お客様のバックも宇宙だったりします。

そして、たいていはお客様ご自身がETソウル(宇宙人の魂を持った人)です。

 

ETソウルとは、外宇宙の惑星から地球に降りてきた人たちで、星の種類はそれぞれ違っても、性質は

共通項があります。

人のエネルギーを感じやすかったり野生の勘が鋭かったり、孤独を感じやすかったり。

感性が鋭く、アーティストやったり普通のお仕事でも能力が高いです。

そして、地球の役に立とうと降りてきているので、使命に生きる人が多いです。

 

これらはすべてエネルギーが違うので、初対面のガイドさんで誰かはわからなくても

「~系」ということだけはわかります。

そして皆さん、性格や服装もそれぞれ。

たとえ教科書や辞典に載っている人でも、わたしから見える姿はけっして同じそれではなく・・。

例えば十二神将は、鎧着てマッチョでかっこいいですがエネルギー的要素が強く、人間の形を

とってはいますが顔はウルトラマンです(かっこいい!)。 笑

機動力が抜群に良くて、神というより式神に近いかもしれないです。(いや、神ですが 汗)

 

風神が緑色だったり(次に会うときは黒かもしれないしね・・)するのも、私から見ればそうなのです。

おしゃれだったりおしゃべりだったり、性格もそれぞれで、知り合い同士がお客さん連れてきてくれるし、面白い&ありがたいです。

 

  

0 コメント

ガイドはストレート

 

ガイドの言葉はストレートです。

人はいろんな理由で言い方を変えたりしますが、ガイドはそんなこと気にしないので、

端的にストレートに言ってきます。

つまり、歯に衣着せず、オブラートにも包まない・・。(ついでに詳しくも語らない)

たとえを出すと

 

「休め」

「心してかかれ」

「もっと楽しめ」

「そのまま行け~」

 

など。

(中にはおしゃべりな人もいるのですが、たいていは家系の行く末を心配しているご先祖さまか

性格的に目立ちたがりなガイドさんです)

 

当然これだけではわからないので、通訳?としては、目の前のお客さんに情報を提供してもらったり、

ガイドさんに

「その言い方だと誤解されます~」

「もちっとわかりやすく!」

と話し、噛んで砕いてわかりやすくお伝えするようにしています。

 

絶対条件として「本当のことを伝える」(当たり前か・・)というのがあるので、

ときには厳しい?(本当は厳しくないのだけど)ことをお伝えすることもありますが、

どんなときでもガイドは味方なので、ご本人のためにならないことは言いません。

 

ガイドはストレートに味方する、と思っていただけたら理解しやすいかと思います。

 

 

 

0 コメント

ガイドはコンシェルジュ~決定は人がする

ガイドって一体何なの? 何のためにいるの? と思われる方も多いと思います。

ガイドのことは「コンシェルジュ」と思っていただけるとわかりやすいと思います。

 

コンシェルジュは、お客さまが要望を伝えるといろいろ良い方法を探してくれます。

おいしい魚料理のお店に行きたいと言えば地元のおいしいお店をピックアップしてくれる

でしょうし、子供も一緒に楽しめる観光地を探しているといえば、子供に人気のアトラクションがあるところを探してくれたりするでしょう。

そして悪天候などでオススメしない場所があれば、そういう情報も提供してくれる

はずです。

 

でも、コンシェルジュはあくまでコンシェルジュであって、最終的にどうするかを

決めるのはお客様本人です。

そして、お客様が決めたことをコンシェルジュがとやかく言うことはありません。

 

別の例だと運動会の「応援団」。

リレー選手が力を出せるよう精一杯応援し、たとえ結果が悪くても「どんまい!」と

励ましてくれるでしょう。

でも、実際に走るのは選手本人です。

 

いつだって、人生の主人公はご本人なので、ガイドの意見(?)がどうあろうが、

本人が決めていいのです。(というか、決めています)

 

ガイドは人生をよりよく生きるためのコンシェルジュ=応援団と思っていただけたらと

思います。

 

 

0 コメント

ガイド(神さま)と仲良し

「あなたのことが大好きです」

「あなたといるととっても楽しい」

「あなたにはいつも感謝しているの」

こんなことを言われたら誰だって嬉しいですよね?

 

ガイドも同じです。

 

「いてくれてありがたいなあ~」

「心強いなあ~」

「嬉しいなあ~」

そういう気持ちを持ったり、実際に声に出してありがとうとつぶやくことで、ガイドも

「よっしゃ!」

と気合を入れます。嬉しいのです。

 

また、「この神様好き~♪」と、お気に入りの神様を見つけると、その人がガイド同様に

側についてくれることもあります。

実際、ガイドというのはずっとそばにいる人もいますが、役割ごとに入れ替わったりも

するのです。

 

一番手っ取り早いのはミーハーになって神様の存在を楽しんでしまうこと。

アイドルみたいに大好きになってかまわないのです。

 

 

0 コメント