神さま仏さま~それぞれの性質~

ひとくちにガイド=神さま、仏さまなどの存在

といってもいろんなタイプがおられます。

 わたしが見て感じてきた中で、今回は

性質別(?)にご紹介してみたいと思います。

 

 

 

 

 

現象の存在

 クピドやユニコーンなど、世界を表す存在です。

 ファンタジーがお好きな方はユニコーンや精霊、その世界に関係した天使がいますし、

クピドはご本人が子供のような無邪気さを持っていたり、子供好きの方、

または楽しい恋愛をしているときもそばにいます

  

護衛の存在

 困ったときや勇気が必要な時に瞬時に飛んでくる存在です。

 機動力が高い人が多く、毘沙門天や広目天(仏教の鎧を着ている人たちです)は

周囲をガードして守ってくれます。

 ミカエルも(あの人は万能なのですが)頼めばすぐきてくれるタイプです。

  

専門分野の導きの存在

 役割を得たときに、その道の専門のガイドがきてくれます。

 たとえばアーティストには大天使ジョフィエルがついていますし、ラファエルは病気に関するお仕事、お医者さんや看護婦さんを守護します。

 他にも文章を書く人にはガブリエル、ライトワーカーの人にはミカエルがついています。

 ただ、人生の途中で職業を変えたり、そうしたいなーと別のものに興味がわいたりすると(つまりご本人が人生の選択を今までと変えた)守護するガイドも交代するというわけです。「変化」の時期にはシヴァが出てきたリもします。

  

統括の存在

 生まれたときからその人を守護し、人生をとおしてサポートする存在です。

 そのひとの生まれ持った性格や使命に合った方がつきます。

 わたしが見た方々は、マスターサナンダ、お釈迦さま、イスラムやエジプト系の宇宙存在などでした。

 

内なる自己(ハイヤーセルフ)

こちらはガイドとは異なりますが、「自分の中にいるもっとも高次の自分」になります。

なにかおかしいよね? と、自分でも自分のことがわからなかったりすることってありませんか? そんなとき、自分の気持ちに逆らわず(ここ大事です)、ふと立ち止まって見ると浮かんでくる言葉があります。

誰も何も決めつけてない、ほわっと浮かぶような声。

でも明らかに「正解だ・・」と納得できる言葉です。

 

以上、「性質」編でした。

 

0 コメント

ガイドはやらない

自分で決めなければならないことを自分で決めるとき、ガイドは手を貸しません。

「こっちのほうが魂の成長や自分で決めてきたブループリントに沿ってるんじゃないの?」という方向へほらほら、こっちだよ~? と導いてはきますが、それをやる・やらないは

本人が決定するのを待っています。

 

「一斉に手を引かれてる気がする~」とか

「なんか、違う気がする・・」

そんな感じがするとき、ガイドがじっと見守っているのです。。

 

ガイドは親のように見守り、ときに世話を焼き(笑)、ブループリントに導いたりするけれど、ここぞというときには黙っていることもあるんです。

(それも愛、ですね)

 

ガイドに頼んで守ってもらうこともあり、逆に頼んでもやらない(見守る?)

こともあるんです。

ガイドは仕掛ける

ガイドが一生懸命トナリでアドバイスを叫んでいても、守護されているご本人が

まったく聞いていない、ということがあります。

(聞こえないじゃなく、聞きたくないって意味です)

 

業を煮やしたガイドが

「どうしたいのか訊いてくれない?」

とこちらにふってくるので訊いてはみるのですが、ご本人から返ってくるのは

あさっての方向(ガイド的に)の答えばかり。

 

こういうときガイドはどうすると思います?

気の強いガイドだと、もうイライラして、ご本人に向かって一方的にしゃべりまくるんです。

 

「ン年後を見据えて、今〇〇をやっておけ! 今から備えろ! 」

「気が向かなくてもやれ! 将来のために!」

そしてわたしに

「伝えろ!」

というわけです。

 

けれどご本人は疲れていてエネルギー不足、今は聴きたくないようで。。。

 

でも必ず伝えます。

 

それはいわゆる「時限爆弾」のようなもので、今はピンと来なくても

時期がくれば必ず開封されるからです。

そして

「あのときガイドが言ってたのはこれだったのか!!」

とわかるんです。

 

ガイドは今やっておいたほうがいいことをちゃんと伝えてきます。

将来のあなたのために。

 

傾向として、頑なに聞こうとしない人には厳しく、逆にわかっているけど

聞きたくないという人には、「このくらいだったらやれる?」と、代替案を

出してくることだってあるんですよ。

 

みんな、ガイドにココロを開け!

 

優しくしてもらえるゾ ☆彡

0 コメント

ガイドはその人の本質を見ている

ガイドはその人の本質を見ています。

つまり、もともと持っている素質やエネルギー、今縁のあるものを伝えてきます。

セッションの時は事前に(メールなど)その方のエネルギーを見て準備するのですが、

 実際ご本人にお会いすると、なぜかまったく違った印象の方もいるのです。

わかりやすく言うと、なんかちぐはぐな感じ。

 

例えば、本来すごくエネルギーのある方で、人のためになりたいという優しい気持ちも

お持ちなのに、実際は閉塞感いっぱいでストレス満載、その結果エネルギがごちゃごちゃになっているという感じです。

もともとの性質とかけ離れてしまっているのでそのことをお伝えし、本来の性質と、

お姿に近づいていくほうをお伝えします。

 

ガイドが見ているのは常に愛すべき本来の「あなた」です。(いい人って意味じゃありません)

そして、何よりもご本人が幸せになることが魂の目的です。

(だからと言って家族を捨てろとかそういう極端な話ではありませんが)

 

ガイドは人のようにナナメから見たりせず、常に本質を見ていてブレることがありません。

親身になってくれる大切な友人のような存在でもあるのです。

 

0 コメント

エネルギーの大きさ? 本当は〇〇〇

 

セッション中、お客様のエネルギーは

どんどん変わっていきます。

 

最初は緊張していた方もおはなしする

うちにリラックスされていき、

エネルギーは部屋いっぱいに広がります。

 

 

どなたのエネルギーもとても個性的でとてもきれいです。

 

いつも思うのは、

「エネルギーって無限大だなあ」

ってこと。

 

本当は大きさなんて、無いんだろうな。

(ミクロはマクロです)

今は部屋の大きさに合わせているだけで、

本当は無限大の広さを持つ、宇宙そのものなんだろうな。

 

そう思うと、人の宇宙の深淵さを感じずにはいられません。

人間て、ステキ♥

 

エネルギーの大きさに関しては人だけでなく、天界の人たちも同じです。

彼らは地球を抱え込むほどの大きさにもなれるし、人と同じ大きさにもなれる。

変幻自在。

 

そしてどちらも【無限大の大きさを持つ者】なのです。

 

 

0 コメント

ガイドは待つ

ガイドは気が長いです。

以前、ガイドは気が早い→ガイドは先に来る と書きましたが、逆のパターンも

ありで・・。

 

例えば、ガイドから見て

「この人そろそろ変化したほうがいいなー」

と思っても、人間のほうが

 

「えーまだ変化したくない~」

とか

「変化?なんのこと??」

 

と、変化を拒絶(無意識でも)しているき、ガイドは無理に先に進ませようとせずに

しばらく様子を見ています。

 

そして、そろそろ動き始めたほうがいい! というタイミングで

「そろそろどぅお?」

と再び変化を勧めてきます。

 

なぜかわからないけど急にあの本を読みたくなった、ふと、あの占い師さんに占てもらおうと思った、という感覚的なものがガイドのささやきのことが多いです。

なので、そういうカンにはぜひ従ってみるのがオススメです。

 

それにしても、ガイドは本当に気が長い。

幼子の成長をそばで見守る親戚のおばちゃんみたいで・・・。

余計なことには手を出さず(その人の成長のさまたげになるからね)、でもいつも

見守ってくれていて、必要なことがあったら導いてくれる。

ありがたい存在です。

 

時々「この人いうこときかないのー。なんか言ってやって~ 笑」と言うガイドも

いますが、それだって愛ですよねー。

少しでもその人のためになるなら、きっかけになるならと思って、言ってくれそうな

人のところに連れてくるのだから。

 

ビバ☆ガイド 

 

 

 

0 コメント

ガイドからの返事

「榊原さんは自分のガイドと話をしないの?」

と訊かれることがあります。

見えて、言っていることもわかるのだから自分のガイドにはいろんなことをさっくり

教えてもらえるのでは? と。

そうできたらラクなのですが、わたしもおおざっぱにしか教えてもらえません 汗

(中には、ご自分のガイドからこと細かく指示をされ、なんならやるまで見張られるという方もいるようですが、それはそれで大変そうです)

 

ガイドがおおざっぱにしか言わないのは自分で考えてほしいからです。

人生はあくまで人間のものなので、答えをすべて教えてしまうと自分で考えたり決断したり

経験したりするのをジャマすることになるからです。

 

じゃあどうやって返すかと言うと、本やテレビ、メルマガや電車の広告文字や

他人の口などを使って教えてくれます。

 

他人の口というのは、図書館で隣席の人がしゃべっていたセリフや知人との会話、

ときにはウマが合わない人の一言だったりもします。

 

仕事先の人が突然「やりたくないことはやらなくていい♪」とスピ的?なことを

言い出したり、「この人の口からなぜそれが?」と不思議に思うようなことです。

そしてそれを受け取ったときに妙に納得し、嫌な気持ちがしないのが特徴です。

 

面白いところではガイドが行く手を阻むというのもあります。

ガイドから見て人生の道から外れたり遠回りだったりするのを「それは必要ないですよ」「それやると遠回りですよ」という方向は止めようとします。

目的地の通り道でいきなり工事が始まり、目の前にでかでかと「通行止め」の看板が

置かれたり、ある申し込みをしたら先方の理由でいきなり26分前に締め切られたり・・

するのもガイド(宇宙や天の場合も)のジャマし・・もといお導きなのです。

 

それでもやろうとすると激しいブーイングがあったり(映画とかでよくあるやつ)、

逆に道に沿ったことをやると拍手がきたりもします。

 

 

こんなふうに、ガイドは日常でいろんな形で答えを返してくれているので、心を落ち着けて受け取ってみることをおすすめします。

 

 

0 コメント

ガイドは合っている人に頼む

ガイドにもいろいろいますが、そのときの自分の状態に合っている人に頼むのを

おすすめします。

どういうことかというと、例えば体調が悪い時や精神が不安定の時、強い存在のほうが

何かと守ってくれるしいいんじゃない? と思いがちですが、存在の性格や使命から

受ける影響を考えると、そのときの自分に合っていて無理なくラクになれる

存在のほうがいいのです。

 

例えば大天使ミカエルは浄化が得意ですが、とても強い存在で気質も厳しめ。

ご本人が体調不良などで弱っていたり、道の過渡期で心が揺れていたりするときには

影響が強すぎることがあります。(人によりますが)

 

そんなときには、大天使ラファエルに体調面のサポートと浄化をお願いし、

大天使ガブリエルに過渡期の道案内をお願いするなど、そのときの状況に合った

存在にそれぞれ頼むのがいいと思います。

するとすぐにエネルギーが軽くなるのを感じられると思います。

 

ちなみにラファエルはめっちゃ軽くて優しいヒーリングのエネルギー(「いい人」って

感じ)、ガブリエルは光の焦点を合わすような感覚のエネルギーで、こちらも優しい

感じです。

 

無理して強い存在にきてもらうのではなく、TPOに応じた存在に頼めば

いいのです。

 

 

0 コメント