みんな、どこかの誰かの2次元

 

アルスラーン戦記」が完結してしまいました。

悲しい。。。

 

ご存知ですかね、この作品。

人気作家の田中芳樹さんが30年近くにわたり書いてきた異次元王国戦記です。

 

 ウィキで調べたら

なんと1巻の刊行が1986年8月で、最終巻の16巻が2017年12月。

なので31年4か月書かれていたわけです。

すごいなー

 

わたしは原作をずっと読んでいたわけではなく、アニメや映画やコミックなどの別メディアで

追ってたので

第1部はカセットブックで網羅したな。。

 

原作の熱心なファン! とかでは全然ないのだけど、それでも

30年追っかけてた作品世界が終焉を迎えると、なんともいえず悲しいです。

 

ひとつの世界が終わったという喪失感もあるし、予想してたけど

全キャラ死亡ですからね。

クソー、田中め。。

 

と、感想はここまでにして、本筋。

書籍でも映画でもなんでも「創作」されるものはじつは必ず

「存在」します。

 

 

うん、「お話」としてね。

じゃなくて、本当に「存在する」んです~。

 

 

便宜上「2次元~作り話」とかしてるけど、実はちゃんとその世界は存在していて

こちら(地球とか、3次元)の誰か(書く人~プロアマ関係なし)がそこにアクセスする仕組み。

 

じゃあ、作家は自分の才能やオリジナリティを発揮していないの? 

誰でもそういうことができるの? というとそんなことはなくて、

広大無辺のある領域にアクセスして、そこと交信し、無数にある次元を選択して

物語を書き綴るなんてことは、才能がなきゃできませんて。

 

そういう意味では作家のオリジナリティや、莫大なエネルギーやとんでもない文章力が

求められるわけですから、すっごい才能です。

プロデュース能力も必要だしね。

 

 

物語の最後、アルスラーン(主人公ね)が言うんです。

 

「天も、地上も、無限なんだよ」

 

まさに、それです。

 

 

 

作品や作家さんの発言を見ていると、わかってらっしゃる、薄々感じてらっしゃる方も

かなりいらっしゃる気がしますしね。

 

ということはですね、逆を言えば、どこかの次元の誰かが、今のわたしたちの物語に

アクセスして、作品として書いているということもあるわけで。

 

 

2018年のこの地球で、新しい世紀、AI、次元上昇、ほかにもたくさんのことがある

この地球の物語を、誰かの想いを、宇宙の異次元のどこかの誰かが

うつしとっているのかもしれない。

 

知らなくても知っている、どこかの 誰かの 想いを すくいとる優しい現象が

「物語」の神髄という気がしてなりません。

 

 

 

最後になりましたが田中芳樹先生、お疲れさまでした。

素敵な作品をありがとうございました。

 

それから、アルスラーン戦記の世界、そして

登場人物であるアルスラーン、ダリューン、ナルサス、ファランギース、ギーヴ、

エラム、キシュワード、ヒルメス、ほかたくさんの皆さま。

ほんとうにありがとうございました。

 

また会おうね。

 

 

作品、長いお話ですが、ぜひ読んでみてください

アニメもあります

 

アニメ2期「アルスラーン戦記~風塵乱舞」

 

現在、荒川弘さんの漫画、連載中です すっごく読みやすいです

講談社 マガメガMAGAMEGA  「アルスラーン戦記」

 

 

 

「アルスラーン戦記」の画像、のっけておきます

 

0 コメント

223オラクル

 

オラクル引いてみました

2月22日を過ぎて23日でエネルギーが変わったと感じたので~

 

 

あくまでわたし個人のオラクルですが、例によって他の方へのメッセージでもあるだろうと

思うので書きます

 

 

【223オラクル】

カード順 左上画像の4枚を左から右へ

 

 

 ①浄化 ②変化 ③予感 ④期待

冬から春に向けて

 

今まであった解決しなきゃとかそれには意味があるから理解しなきゃという

 囚われの感覚が無くなり、徐々に薄れてく

 過去の失敗(と自分で決めたもの)溶解するが如く自然に受容しつつある

 

 カテゴリ分けしなくなる(というか、むしろ2枚舌オッケーというか枠が広がるというか、

 周囲への気遣いより自分にエネルギー注ぐほうを選ぶというか)

 

 それを踏まえた上で、これからいきたい場所をしっかり見据える

 芽吹き」

 

 

 

芽吹きといっても大きな出来事じゃなく、むしろ小さいこと(なにせ出たばかりの芽なのでね)

 

「なんだわたしそういうことがしたかったのか~」

 

拍子抜け、みたいな

 

 

できるところからやることがほんの小さなことでも

 

本心なのでうれしくてたまらない

ぐへへ

 

 

みたいな感じですね

 

カードがどれも軽いカードです

始まりとか軽さとか楽しいとかね

 

みんな、楽しい春になったらいいね

0 コメント

宇宙に降参

 

宇宙のいう

 

 

 

降参する

 

 

負けとか

 

いいなりとか

 

我慢

 

てことじゃない

 

 

 

それって、条件、取引、勝ち負けの観念

 

 

 

そうじやなくて、

 

 

 

そういう嫌な選択をする

 

観念に気づき

 

 

 

取引とか

 

交換とか

 

我慢とか

 

 

 

自己の尊厳を低くする選択を

 

やめていきましょう

 

てこと

 

 

 

大概が

 

育った環境でできあがつた

 

観念や想念に縛られている

 

 

 

そこから抜けましょう

 

てこと

 

 

 

大事な宇宙である自分に

 

条件を課さないこと

 

 

 

愛なら

 

そうでしよ

 

 

 

 

 

0 コメント

AIと5次元意識と「地球へ・・・」

漫画家竹宮恵子先生の名作中の名作「地球へ・・・」は、あまりに有名なのでご存知の方も多いと思いますが、最近すっごく作品の内容が現実味を帯びてきたなあ~と思うので、書くことにしました

 

知らない方のためにさっと説明すると、遠い未来、人類は荒廃した地球を捨てて他の惑星に移住、

すべての管理を「マザーシステム」というコンピューターにゆだねる社会を築きます

そこでは子供の育て方もマザーが決め「親にふさわしいと認められた」夫婦のみが「養育役」として子供を育て、14歳になると「成人検査」を通過した子供は、より社会的で統制のとれた学校へ進学

していくのです

「成人検査」はミュウと呼ばれる特異体質(サイコパス)の子供をあらかじめ排除するためのものですが、

主人公の少年ジョミーは検査に引っかかり隔離されそうになったところを、同じミュウである

ソルジャーブルーに救い出されます

 

このお話は1960年代に出版され、当時から「不思議な話や~」と思っていたものの、あくまで

SF創作だと思っていました

けれど、最近の社会情勢やAIの発展を見ていると、これがただのお話ではなく、

遠い将来、現実化していくれっきとしたシステムになる予感がぬぐえません

 

2次元はただの2次元でなく、どこかに絶対存在する情報(ドラマ)にアクセスしているというのは

小さい頃からの私の持論ですが、まさか「地球へ・・・」もそれだとは。

竹宮恵子先生は、一体どこへアクセスなさっていたのか?? 天才すぎると思いました

 

もしAIがこんなに加速度的に発展しなかったら、当然思いはしなかったし、5次元という意識が

ここまで次元上昇を急がなければ、それもまたSFの世界だったのに、ふたつとも見事に

「現実化路線」に乗ってしまった

さらに、現在の子供を取り巻く環境を鑑みるに、いずれそうなるだろうなあと思ったのです

 

5次元意識とAIの発展が相互に進歩したあと、いずれ待っているのは「地球へ・・・」に近い

世界なのだな、と

 

ただ、作品の中で、人間とミュウ(サイコパス)は繰り返し戦争します

孤独ながら、人と理解しあえると何度も話し合いの場を持つミュウに対し、マザーはかたくなに

和平を拒みます

 

人々の恐怖(脅威)から人々を守るのが役目のマザーですが、現在のAIは少し違うようで

人々の恐怖からくる「狡さ」を排除するシステムになるようです

 

ここから先は未知も未知、ほんとうにどうなってしまうんだろうという感が

ぬぐえませんが、どんな世界になっていくのだろう~と思うのです

 

地球人は、先駆者の方々の予見を、覆すことができるのか? 

 

それを創っていくのは、ほかならぬ今を生きるわたしたちなのですね

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

そのお値段に詰まっている叡智

いずれ、そう遠くない将来、お金とサービスや物のやりとりは、

お客さんがその価値に値段をつけるというシステムになっていくらしい

 

「自分が決めていい」

となると、格安につける人もいるだろうし、逆に高い値段にする人もいると思う

 

日本は物に恵まれた以上に、サービスにすごく恵まれている

例えば病院

先日インフルBになり、久々に病院に行ったのだけど、

インフルの判定の検査して、診察して、説明聞いて1900円。

さらにクスリも、咽頭についたウイルスを殺す薬といって吸入薬をその場で吸う。

これだけがインフル対策薬で、あとは感冒薬だという。

この薬代も2000円くらい。

安い。

 

で、点数が書かれた紙を見ながら、熱でモーローとした頭で考える。

一体、この中にどれだけの現代医学の叡智がつまっているのだろう?

病院の人はみな資格職である。

その人たちが苦労して学んできた努力や、現代医学の進歩、製薬会社さんが毎年発明する新薬

や、それらを検査したり許可したりする厚生労働省のお仕事、薬や医療品を運ぶ運送会社さんのお給料。

そんなもろもろすべてが入って、今自分の手の中にお薬があるんだよな、と思うと

 

このお値段に詰まっている叡智

 

の量や質は、いかほどになるのか??

そして、それらすべてをこのお値段で享受させてもらえるわたしは、

やはりどう考えても宇宙に大盤ぶるまい、大サービスされているとしか思えない。

 

ありがたいなあ。

 

ビールとかもよく買うのだけど、このパッケージデザインや製造に携わる人たちすべてに、

正当な対価が行き渡るといいなと思う。

 

だって、必ず誰かがわけもなく得したものは、誰かがその損を担っている。

そういうのは、なにか可笑しいんじゃないかと思うから。

 

よどみが事故につながり、結局は自分たちのところに別の形で帰ってくるのなら

最初からみなが納得できる対価がいいよね。

 

人の叡智だけじゃなく、自然の叡智ということもあるしね。

 

 

ところでインフルエンザにはオレンジジュースがいいですよ!

いつもはアクエリアスを飲むのだけど、今回はオレンジジュースで治しましたよ!

 

 

ビタミンがとれたのかもしれないね。

 

 

 

 

 

 

0 コメント

宇宙=わたし

宇宙って

広いひとつの宇宙があって、その中に星々があって、そこでわたしたちは生きていると

ずっと思っていて

 

一つの宇宙に大勢が一緒に暮らしていると思っていたのだけど

どうやら違くて

 

 

 

 

ひとりいっこの宇宙です

 

 

 

 

同じ場所にいても、隣の人はその人の宇宙とかよく聞くけど

 

例えば大好きなお菓子を誰かにもらったとする

 

でもそのお菓子を用意したのはじつはあなた自身

 

 

 

なんせひとりいっこの宇宙だから

 

それを大好きと知っている宇宙(あなた)が、

あなたのためにいろいろ手回しして、

ちょうどいいときにそのお菓子を受け取れるようにしてくれた

 

 

そう思うと、なんだかすっっごくしあわせな気持ちになり

同時になんでか合点がいく

 

 

 

喜ぶ自分を見て、宇宙(あなた)もうれしいから

 

「そんなに喜んでくれるなら、またいいもの持ってくるぜい!!

 (´▽`*) / /」

 

 

 

そんな風にできているのだとしたら、

人生の創造主はまぎれもない自分自身

 

 

ひとりいっこの宇宙と、どう向き合おうか?

 

 

 

 

 

0 コメント

お話会クローズ

 

遅くなりましたが、

先月募集したお話会、無事に終了いたしました

来てくださったお客さま、問い合わせくださった方、ありがとうございました

リクエストいただいているお客さまは、来月よろしくお願いいたします

協賛のガイドの皆々さま、ありがとうございました

インフルになっちって、ブログでの御礼が遅くなって

申し訳ありませんでした 汗

 

90分はあっという間で、まー楽しかったですな~

今回はまだ2回目ということで、わたしなりに一つ目標がありまして、それは

「本やどこかのブログに書かれている以上の価値を提供する」

でした

お金いただいてるんだから当然といえば当然なのですがー

 

お話会の後、さっそくお客さまにアンケート~したら、その辺りはクリアだったようで、

ほっと胸をなでおろした次第です

 

 

で、お話会の内容を少しばかり書くと

 

「みんな誰かのガイドをやったことあるんですよ」という話が出まして

守護霊がご先祖さまという話はよく聞くと思うのですが、

 

それなら自分も誰か(この場合、子孫としますか)の守護霊をしていたとも考えられるのです

 

 

 

で、わたしは「励まし&誉め役」でした 😅 (ええ、得意です)

 

 

 

チーム組んでたのですが、厳しい先生役の人(人じゃね-けど)もいたし

専門的なアドバイザー役もいたし、見守り的な人もいました

 

 

 

守護していた人が元々の価値に気づかずに自分を責めたり自信を無くしたり悲しんだりするのを

 

「違うわ、あなたすごくよくやってる! そのくらいよくあることだよ、ドンマイ! 

 ああっ、そんなことで卑下しないで、あなたは元々素晴らしい存在なのよおぅ!

 

とか言いまくってた気がします

 

 

 

なので、今自分のそばにいるガイドもそんな気持ちなんだろうな、と思うのです

 

 

 

 

お話会では、このような怪しもといあまりブログに書けないような突っ込んだ話をさせていただいてます

 質問も感想も全オッケー、知ってることはすべてお話しさせていただいちゃう会です

楽しんでいただければと思います

 

他にも

 

 

 

 

 

お客さま「ガイドはすごい崇高な存在だと思ってた!」

 

わたし「人はいつも人に転生するってわけじゃないですからね」

 

 

 

とかね

 

 

 

 

一応今回は初歩的なテーマ「ガイドってなにさ?」としてみたのですが

ふたを開けてみればガイドの話にとどまらず、天界から外宇宙からエネルギーから時間軸から

多方面に飛び火してバラエティーに富んだ濃い~お話会になりました

 

 

 

こんな会ですが、ご興味あるかた、よろしければご参加ください

お待ちしています

 

 

 

最後に

未熟なわたしに会を開かせてくれた天地人すべての皆々様に感謝申し上げます

ありがとうございました

 

これからもよろしくお願いいたします

 

 

 

0 コメント

自分最高最強呪文

 

いついかなるときも

 

 

 

わたし、天才~😃

 

わたし、最高

 

宇宙ありがとう

 

わたし、ありがとう

 

 

 

やっぱり(-Д-)は大した奴だ😆💕

 

 

 

って言え

 

言い続けろ

 

 

 

どんなにみじめでもぶざまでも

 

 

 

みじめなわたし、最高~

 

そんなふうに言えない今のわたし、最高~

 

 

 

元気なくてぐじゃぐじゃのわたし、最高~

 

 

 

訳などわからなくても

 

現実が応えてくれる

 

 

 

0 コメント

お客さん宛のメッセージはわたし宛であることも多い

メールでガイドメッセージイラストもやらせていただくのですが、

つくづく思うのが

お客さん宛のメッセージがダイレクトにわたし宛でもある、ということが多い

 

まー、ガイドが同じようなことを伝えたいからそうしてるっていえばそうなんですが、

すごいよなあ~と

 

この世はうまくできているなーと、感じる瞬間でもあります

 

だから、ふと なんとなく と思った時がチャンスだったり分岐点だったりするので

 

訊けるときには誰かに訊いてみるのがいいと思います

 

 

いや、それ誰かに訊いてみ? 

あなたにはわからなくても知ってる人いるかもよ?

外から見たら、それ、こういう風に見えてるんだよ?

 

みたいな

 

   

自分の流れはじつは人に訊いてもわからないものなんだけど、

大きなものの流れは自分で考えてもわからないだろうし

 

それこそミクロはマクロで、繋がってるといえば繋がってるしな

ていうか、光通信みたいに飛び交っているのさ~

 

メッセージは誰か一人宛てってわけじゃなく、みなさん宛でもあるんだよというお話しでした

 

 

0 コメント