里山芸術祭3日目

 3日目も大変にぎわった芸術祭。

第2会場もお客様がひっきりなしで、のんびり遅れていったわたしは

本日も「あわわわ・・・」(汗) 最終日はちゃんと行きますね。

 

 ↑の写真は陶芸作家の房屋さんのブース。

可愛らしい焼き物がいっぱいで本当に楽しい空間です。

上段右のランプの中には電球が入ってキラキラ光り、気分はすでに

クリスマスです。

大きいサイズのカップやお茶わんなどもあり、見ごたえ充分です。

 

そして、↑は、木画作家の宮下さんのブース。(写真の色がイマイチですね)

浮いたように見える木でできた絵を出展しています。

今年のテーマが「縁起物」だそうで、大黒様やふくろうなどをモチーフに

素晴らしい作品が展示されています。

バイオリンが描かれた作品はお仲間との共同作品だそうです。

写真いちばん右は、なんと木で作った芳名帳! です。

お花の愛らしさが木の温かさとあいまって、本当に素敵です。

 

 

最後は、木の実を使ったリース作家さんの柴山さんです。

(写真の色がうまく出ず、すいません)

輸入品のレースや小物をたっぷりあしらって、夢のような北欧の世界が

表現されています。

写真↑は靴の木型をレースとお花でアレンジした蝋燭立て。素敵ですね〜。

写真↓は可愛い木の実の鉢と、なんと日本では珍しい、白いリース!

ため息が出る作品の数々です。ぜひ観にきてください。

 

 

今年も丸子にはアサギマダラがやってきましたよ。

(浅葱=青色で、よく見ると羽がうすーい青色です)

シラバカマの蜜しか食べず、花が咲くのを追って寒い東北から飛んできて、

この後は沖縄に向かうそうです。(まるでアサギマダラにインタビューした

かのよう・・・)

世代交代しながら海外にも飛んでいき、世界中を旅するアサギマダラ。

会場のみんなやお客様と「すごいねー、えらいねー」と感動しきりでした。

 

わたしもアサギマダラのように、世界中を飛び回りたい。

そんなことを思った一日でした。

会場の皆様、スタッフのみなさま、お客様、今日もありがとうございました。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    めぐ (月曜日, 13 10月 2014 20:43)

    素敵にご紹介いただき、ありがとう♡
    展示会は、今回は女性ONLYで少人数で、いつもより更にまとまって楽しかったですね。
    来年まで、また新しい角度からの作品にも挑戦して、またお目にかかれますように。
    これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

  • #2

    榊原 望 (火曜日, 14 10月 2014 10:48)

    こちらこそありがとうございました。
    めぐさんの素敵な作品や、創作に対する情熱を見せていただき
    得るものがとても多かったです。
    来年もよろしくお願いします。