おむつケーキ体験教室

 

M様宅で念願のおむつケーキ作りを体験してきました🎶

丸子の芸術祭でM様の作品を拝見して、ぜひ一度教室に行ってみたい! と思い、ついにきのう行ってまいりました。

 

←が、できあがったわたしの作品です(笑)

 春らしい黄色にしてみました。素敵でしょう~?

 

 

 

 


最初にMさまからおむつケーキの説明と、注意事項、お客様に対する
マナーなど、大切なことをレクチャーしていただきました。
それが終わるといよいよケーキづくりに突入~。わーい。

まず初めに、衛生面に配慮しておむつを個包装します。
手袋をして、おむつをひとつずつOPP袋に入れていきます
そして土台づくり。ボール紙を丸めて、その中におむつをぎゅっぎゅっと詰めていきます。
←それをひっくり返すと、おおお~きれいです!

次に、ケーキのもとになる不織布をかけ、リボンで巻き巻き。
Mさまが用意してくださった中から、黄色とグラデーションのリボンをチョイス🎶
このリボン、なんとおフランス製🎶 ほーら、見えますかね、「French」の文字が!
そのボンジュ~ルなリボンで不織布を巻いて1段ケーキの土台が完成。
まあ~、ふんわりしたチーズケーキみたい。

そしてその後は、ミトン、くつした、お花などをケーキに乗せていくのですが・・・。
これが結構むずかしい(^^;)
Mさまはリボンで白いお花を作ったりバラを作ったり、なんでもささっ、ぱっと作ってしまう(すごい!)のですが、
不器用なわたしはワイヤーを巻き巻きしたりリボンを結ぶのも一苦労・・・。
(写真が無いのは写真撮影する余裕が無かったからです)

「オプションつける?」とおしゃるMさまですが、でも師匠、わたし、ここまででいっぱいいっぱいです。
もうすごいボリュームで、盛りだくさんすぎなくらいでした(^^)
そして、最後にきれいにラッピングして、左右を結んだリボンをクルクルっとして完成です🎶
わたしは半分くらいしかやっていないのですが、師匠は「あなたが創ったのよ」と言ってくださり(2回も)、
「え、そ、そうぉ? そうかなあ?」とへらへらする私。うれしいです。
Mさま、ありがとうございます!!

それにしても、おむつケーキっていろんな技が入っている! それも高度なテクニックが! とつくづく実感しました。
そして、Mさまの作品はとても個性的で、Mさまのプロの技とお客様の幸せを願う愛がぎっしり詰まっているのだと
思いました。

途中、お茶の時間もはさみ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
また機会があったらやりたいです。
Mさま、本当にありがとうございました🎶