シヴァ神

 古代インドの聖典「リグ・ヴェーダ」にも登場する

古(いにしえ)の神様です。

破壊と再生の神といわれていて、ちょっと怖いイメージ

なのですが(首に蛇巻いてるし・・汗)、じつは再生のためにすべてを破壊したのちは、あらたな生命を与え、豊穣を

約束するという意味なのです。

タロットカードでいうところの「DEATH」ですね。

お姿は青くて(本当は黒いのだそうですが、そうすると絵的に難なので青いということにしているらしいです)4本腕、身体に蛇を巻き付け、髪に三日月を乗せ、頭のてっぺんからは噴水が出ているという、本当に変わったお姿です(笑)

けれど、日本では皆様もおなじみの七福神の一人「大黒天」が同じ神様なんですよ。ちょっとイメージ変わりますよね?

所変われば、で面白いですね。