ガイドはストレート

 

ガイドの言葉はストレートです。

人はいろんな理由で言い方を変えたりしますが、ガイドはそんなこと気にしないので、

端的にストレートに言ってきます。

つまり、歯に衣着せず、オブラートにも包まない・・。(ついでに詳しくも語らない)

たとえを出すと

 

「休め」

「心してかかれ」

「もっと楽しめ」

「そのまま行け~」

 

など。

(中にはおしゃべりな人もいるのですが、たいていは家系の行く末を心配しているご先祖さまか

性格的に目立ちたがりなガイドさんです)

 

当然これだけではわからないので、通訳?としては、目の前のお客さんに情報を提供してもらったり、

ガイドさんに

「その言い方だと誤解されます~」

「もちっとわかりやすく!」

と話し、噛んで砕いてわかりやすくお伝えするようにしています。

 

絶対条件として「本当のことを伝える」(当たり前か・・)というのがあるので、

ときには厳しい?(本当は厳しくないのだけど)ことをお伝えすることもありますが、

どんなときでもガイドは味方なので、ご本人のためにならないことは言いません。

 

ガイドはストレートに味方する、と思っていただけたら理解しやすいかと思います。