陰陽師

天地同命、宇宙の理を生きる、平安時代の希代の陰陽師「安倍晴明」を描いた作品です。

 

一言でいうと(岡野玲子さま、すいません)

「宇宙とスピのことがぜんぶ描かれてるよー」

な本です。

 

↑の表紙の8巻では、日照りが続く都に雨を降らすため、

晴明と友人の源博雅は吉野の山に分け入ります。

苦難の末、目的の場所にたどり着いた二人は雨を降らせることに

成功しますが、

ときに龍に導かれときに目に見えないものの助けを借りながら

進む道中は、まさにシンクロニシティの連続。

そして、道中でのできごとは、あらゆる人々(晴明自身にも)に生命の浄化をもたらすのです。

 

日本は国土の3/4が山の国。雨量も世界でトップクラス。

夏、日照り、水のエネルギー=浄化。

勢いよく流れる水はすべての穢れをはらい、禊ぐ。

日本とは、古来からそういう国なのかもしれません。

 

折しも、最近「浄化、浄化」とやっていた自分が8巻に惹かれたのも

シンクロ なのでしょう。

 

この作品は、全編とおして「宇宙」が描かれていますので、

「宇宙って? シンクロとはなんぞや?」と思われる方には超! オススメです。

 

絵が、またすごく美しいのです。。。

現在描かれている「玉手箱」が、またよだれが(失敬)出るほど美しい!

 

ぜひ読んでみてくださいね~